電解水の取説コラム

電解水で洗います。

2020年10月26日

塩と水と電気のみで作る電解水の様々な分野での活躍が少しずつですが皆さんの耳に届いてきているのか

おかげさまでお問合せを多数いただいております。誠にありがとうございます。質問のみのお客様もわからないことはぜひ聞いていただければと思います。

思っている以上に人にも環境にも「良いモノ」ということをわかっていただけると思います! ホンモノを知れば知るほど使ってみたくなるものなので是非一度ご連絡ください!

さて、電解水で洗います。の題名の理由は野菜カット工場などの洗浄?と思われるかと思いますが、実は弊社取り扱いの電解水衛生環境システム「守る水」シリーズはなんと

洗濯ができちゃうんです。

今までの電気分解の方式ですとどうしても「塩」の成分が残ってしまい、結果衣類を痛めてしまうため、「洗浄特化」のアルカリ性電解水も「除菌・消臭」の酸性電解水(次亜塩素酸水)も使用することが出来ませんでした。

しかし、弊社取り扱い機器のメーカーである、株式会社テックコーポレーションの開発した2層3室型の電解槽が電解しながらも「塩」の成分を分離できることで

今までできなかった「洗濯」を可能にした電解水が生まれました!

イメージ図

このように塩が入っていないものを使えるので洗濯が可能となりました!

最近ではコインランドリーでの需要も高まり、埼玉県内にも数店舗出されている企業様もいらっしゃいます。

コインランドリー自体も最近増えてきている部分も多く、その中でも他との“差別化”を狙い導入しているケースが多いようです。

電解水がなぜ選ばれるのか。。。

その理由が、

  • 基本的に洗剤不要(汚れがひどい場合は専用洗剤が必要)
  • 酸性電解水は人の出す「臭い」に強いので体臭対策が可能!
  • 洗剤を使用しないので「洗濯カス」が出ず、肌に優しい
  • 洗剤の使用量の削減
  • 排水も洗剤でないため環境に配慮

汚れの程度によっては完全にゼロにすることは厳しい面もありますが、それでも洗剤などの使用量はかなり抑えることが出来ます。

少しずつでも減らしていくことがいずれ全体の総量を下げることにつながるので、今コインランドリーなどの展開を考えていらっしゃる方は一考の価値があります!

環境やエコが叫ばれていますが、今だからというわけではなく、遠くない将来それが新たな生活様式・新たな基準になるかと思います。

今基準ができている段階からまたそこに新しい基準を設けることは時間とお金が掛かるものなので厳しいかもしれませんが

新規事業としてお考えであったり、これから店舗を増やすといった方には魅力的なものかと思います。

コインランドリーもそうですが、実は一番導入が進んでいるのは福祉施設です。福祉施設では、どこかのリネン系の業者に出すのではなく

基本的に施設自体で洗濯を行っております。(※もちろんそうでない場合もあります。)少なからず洗濯室は設置しています。

というのも、厚生省令の『特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準』でも「洗濯室または洗濯場を必置」(第3章18条)の項目が設けられており

少なくとも大小関わらず設置されております。運用について大事なことはもちろん「汚れを落とせるか」が念頭にありますが

洗剤代などの削減ができるかという点も大きな問題になります。思っている以上に洗濯物は多く、入浴の日などは通常以上に出ます。

さらには汚物用、通常用などに分けて2か所以上の設置が望ましくスペースの確保も大変だと某施設・施設長の方にお聞きしました。

よく言われる「衣・食・住」の「衣」の部分であるからこそおろそかにはできない、しかしランニングコストは大きくかかる…

そんな時に洗剤の節約にもつながる「電解水」での洗濯になります!!

通常の洗濯であれば洗剤なしの洗濯ができますし、25キロ以上の大型洗濯機の運用ができる点も喜ばれております。

選ばれている理由よりも分かりにくいですがメリットとしては

  • 洗濯機の汚れが付きにくくなる
    アルカリ性電解水 → 汚れを浮かせて落とす
    酸性電解水 → 除菌・消臭作用でカビの発生を防ぐ・臭いもつかない

みなさんは洗濯機の清掃を行ったことがあるでしょうか?

洗濯機に水だけためて槽洗浄みたいなやつです。時間もかかるうえ、こんな水が出る中で洗ってたの!?と思うほど黒い水が出てくるアレです。

簡単に言うとその手間がいらなくなります。常に洗濯槽内も洗浄除菌が行われるのでそのような心配もいりませんし排水も洗剤が含まれていない分、環境にも優しい水になります。

「洗濯カス」が原因の皮膚疾患なども出にくくなる為、環境にもお肌にも懐的にも安心な洗濯システムです!

気になる方は、実際の現場への視察も可能になっておりますので、お早めに連絡いただければと思います。

電解水は上記した「衣・食・住」すべてに関わることのできる数少ない可能性の一つであると自負しております。

環境事業の一環として弊社はおよそ3年ほど前から取り組んできていますが、当初はなかなかご理解は頂けず(良いモノというのはわかるけど…というお言葉)厳しい面もありました。

しかし今では市内を中心にではありますが、少しずつではありますが電解水というものをご理解いただき

使用していただける施設様、企業様も増えてきました。これから“除菌”というものはスタンダードになってくるのは間違いありません。

その中で、洗濯ができるものは↓のリンクにあるESSシリーズです!

色々と書いてはみましたが、結局のところ

菌を殺せる=人体に対して安全

が成り立たなくては使用者が限定されてしまい結局のところ広い意味での感染症対策などになりえないと思います。

誰しもが安全に、小さい子から年配の方にまで安心して使えるようになることが本当の対策であり、よりよい生活環境の一歩になります。

そうなるためにはやはりこの「電解水」が一番の方法になってくれると信じております。

株式会社ナディアでは

安心という価値観をあなたに。

をモットーに環境事業に取り組んでおります。 皆様が安心してお使いいただけるモノを提案させていただくことでこのモットーに近づけていくことが大事になってきます。

株式会社ナディアでは同じようなイメージを持つ企業様、個人様、様々ではありますが代理店になっていただいております。

もしやってみたい。興味があるので話だけでもと思われた方はぜひ連絡いただければと思います。

県内外問わず、募集しております!まずはお問合せより!

おかげさまでモニター募集も県内外より多数いただいております。 一都三県以外の方はまずはお問合せより連絡いただければと思います!